映像から原因を知る

���̔���交通事故を起こすと加害者と被害者で意見が食い違うことが多くあります。

本当のことを言っていても嘘だと思われてしまったり、相手が嘘をついているのに正当化されたりすることもあります。
そんなことがないように今はドライブレコーダーを付けて映像に残している方も多くいます。

映像があることによって、交通事故の原因が分かりますし、どちらが違反をしているのかが分かります。

交通事故の多くは不注意でおこるものですが、無意識にしているので、実際に信号無視をしていても見たと思い込んでしまい事故を起こします。

映像があることにより、そのことに気づくことができ、交通事故を起こした方も巻き込まれた方も注意をするようになるといえるでしょう。