リダイレクトとは

SEO対策や検索エンジンのシステムは、日々変わっていきます。
始めたころのままの対策を取り続けていては、遅れてしまう可能性があります。

検索エンジンの変化

 

アクセスアップを図るために、日々のメンテナンスが必要になってきます。
また、Web製作をしたけれども、新しく別のサイトをつくり
移転することがあるかもしれません。

 

そのときに使用するのがリダイレクトという方法です。

リダイレクトには、301と302があります。

301は永久的移転で、302は一時的な移転のとき使用します。
両者はseo対策においてはまったく異なる意味があります。

 

302の場合、一時的な移転なので検索エンジンはそのサイトの評価を
移転先にひきつぐことはありません。

これに対して301のほうは永久的な移転なので、移転先に評価を引き継ぎます。

移転が「永久」か「一時的」かは形式的な問題ではなく
seo対策上大きな違いがあるので、Web製作をするときには
考慮する必要があります。

間違った方法を取ってしまうと、どれだけ頑張っても
上位に表示されてこない、ということもあり得ます。

まずは良く理解すること、情報を集めることが大切になってくるのです。

 

ロングテールseoとは


ロングテールという発想自体はseoに限ったものではなく、
その他のビジネスでも特に通販などのネットビジネスでは重要視されています。

ではseoにおいてこの手法をどのように実現するのかというと、
コンテンツのタイトルや記事の内容にそのワードを織り交ぜることが
効果的なseoです。

キーワードの使い方

基本的にユーザーが検索したワードが記事に含まれている方が有利です。
しかし間違えてはいけないのは、そのワードをむやみに含むような
ブラックハットseoに対してのグーグルの対処は厳しくなっているということです。

ロングテールseoを狙うがあまり、無駄に関連ワードが増えて
コンテンツの内容がユーザーにとって質の低いものになるようなことがあれば、
グーグルはそれを発見して検索順位を一気に下げます。

 

グーグルのアルゴリズムは日々進化しており、
サイト評価の観点も数千単位でもっています。

私たちが思っている以上に人工知能のプログラムの精度は高くなっています。
そのため人間が見てダメなサイトは当然人工知能によって
速攻圏外にされてしまいます。

ロングテールseoを狙う際には必ずユーザーにとっても
そのワードの説明がわかりやすくなされているようにしてください。

またキーワードの説明自体はできていても、文章の全体構造が崩れている状態も
グーグルは嫌いです。

基本的にseo対策はせずにコンテンツに集中しているユーザーに
メリットがあるようにしたいのがグーグルの意志なので、
その点は忘れないようにしてください。



サイトHOMEへ / サイトの評価 / ランクを下げる要因 / 質を重視した対策 / 良質なリンクを獲得 / ホームページ / 納得しやすいシステム / 外部リンク / 行う対策の内容 / 対策の種類 / seo対策の料金形態 / すぐできる / ペナルティ回避 / サイトへの誘導 / コンテンツマーケティング / 売り上げに繋げる / 購買意欲に関わる / ガイドライン / SEO対策の裏技 / 「EAT」と「YMYL」 / ロングテールとリダイレクト / ご案内ページ