不幸にならない交通事故

.......(C)happy........LAST UPDATE 2019.09.04

produce by sennmama

 

あさひ法律事務所の特徴は、旅客自動車運送事業者の業務委託を行っているということです。
バス会社やタクシー会社からの依頼により、これまで多くの営業上の事故を処理してきた
経験豊富な弁護士が在籍しています。

経験豊富な弁護士

個人で交通事故に巻き込まれた方の依頼も引き受けていて、所属する弁護士は
被害者として加害者に損害賠償を請求する事案に多く携わってきました。

あさひ法律事務所には交通事故に関する知識が豊富な弁護士が
相談・交渉や訴訟にあたり、損害賠償の請求や後遺障害の認定などの
法的な手続きをサポートする業務を行っています。

交通事故で損害賠償を請求する際に金額を算定する場合には、両者の過失割合や
損害額を正しく評価する必要があります。

あさひ法律事務所に所属する経験豊富な弁護士は交通事故関連の業務に従事してきた
経験が豊富で、話し合いで解決ができずに裁判になった場合でも、依頼人にとって
有益な方法で解決することができるように解決へと導きます。

交通事故の際に損害額を計算する基準とは

交通事故が発生すると、物損やケガなどで損害賠償の請求を行う必要が生じます。
一般的に交通事故で損害賠償を請求する場合には、加害者側が加入している
損害保険会社が費用を負担することになります。

費用の負担

個人の立場で被害者になってしまった場合には、加害者側の保険会社が
独自の方法で損害額を算定して提示しますが、本来受け取るべき損害額よりも
少ない金額が提示されるケースがほとんどです。

同じ交通事故でも、適用する損害額の算定方法によって大きな差が生じてしまいます。

一般的に保険会社は支払額を少なくするために、金額が低くなる方法で
損害額を計算して被害者に提示します。

交通事故の損害賠償額の算定方法には、自賠責・任意保険・弁護士基準の3種類があります。

保険会社が提示する金額は自賠責または任意保険基準で、いずれも金額が低めに設定されます。
算定額が最も高くなるのは弁護士基準ですが、この基準を適用するためには
弁護士を通して損害賠償請求の交渉を行う必要があります。

交通事故の被害者になった時は、弁護士に依頼して適正な金額の損害賠償を請求するようにしましょう。