ランディングページ

SEO対策の最終段階として重要なのが、このランディングページです。
これは、検索エンジンからあなたのサイトをクリックしたユーザーが最初に見るページのことで、
このページの良しあしがその後の購買を決定します。

 

つまり、このページの出来がよくなければ、せっかくサイトに訪れたユーザーを逃してしまうかもしれないのです。

興味をもってクリックしてくれたユーザーですから、これを逃すなんて勿体無いことはしたくありません。
ちゃんと興味を持続させるようなページを構成する必要があります。

ユーザーを掴む

 

一般に、SEO対策ではサイトのデザインは無関係であると言われています。


確かにSEO対策は検索エンジンを介して行うものです。
ですから、サイト自体の出来映えやデザインというものは関係ありません。
ですが、実際にはビジネスにおいてはそうではないのです。

 

SEO対策でアクセスが増えているにも関わらず、売上が増えていないとしたら、
ほとんどはこのページに問題があるといっても過言ではありません。

サイトの美しさではなく、利便性に注目して再度サイトのコンテンツを見直す必要があるでしょう。
ある調査によると、ユーザーがサイトからサイトへ移動する時間はわずか数秒だと言われています。


つまり、わずか数秒のうちに思う情報が見つからなければ、別のサイトへと移動してしまうというわけなのです。

ユーザービリティーや情報の有益性。
これらがいかにして満たされているか。


これがランディングページでは重要になってくるのです。
あなたのページも一度見直してみましょう。

ページを見直す

 

合わせて見直したいキーワード


SEO対策をもっとも効果的に実行するためには、ビッグキーワードや
スモールキーワードを適切に決めなければなりません。

 

それを決めるためには、競り合っているライバル会社のキーワードや
内部対策などを調査して、的確なビッグキーワードを探す必要があります。

 

ホーム―ページやサイトなど、ユーザーが検索をする言葉で
取り決めをしないと、SEO対策を行っても検索されなくなってしまいます。

 

ビッグキーワードほど競り合いが高くライバル会社も多いため、
SEO対策を依頼する業者と綿密な打ち合わせを行っていく必要があります。

 

ロングテールで活用していくためにもアクセス解析を行ったり、
ユーザーの滞在時間を調べることも重要になってきます。

 

相互リンク ホームページ 成功報酬 内部対策 スケジュール 対策の種類 料金相場 すぐできる 順位を上げる
キーワードの選定 アルゴリズム アクセス数を上げる ランディングページ